左様なら 日々雑感

アルペンスノーボード、カメラ、釣り好きのおっさんのblog

釣り

タイラバ。確実に釣果が上がっている。

投稿日:2019年12月20日 更新日:

タイラバを本格的に始めてから2カ月。これまでも経験はあったが、ここまで本気になったのは初めてだ。確実に釣果が上がっている。その要因は、

1.操船技術が上がったこと。タイラバにはタイラバの流し方がある。スパンカーは必須で、波に縦になるようにする。そのようにすることで船の揺れを抑え、等速巻きができるようにする。万が一揺れた場合は、揺れに合わせてタイラバに影響がでないようにロッドを下げたり上げたりしている。

2.タイラバの重さ別にロッドを2本用意したこと。60gと100gを使い分けることで、ポイントに合わせた釣り方に即座に対応できる。

3.スカートや針を色々と変えてみたこと。基本的に交換ユニットを各種揃えたことが大きい。中井チューンやSTARTの交換ユニットなど、釣れていると言われるものを積極的に使用して、タングステンも使用するようにした。

4.リールの巻き方。とにかく釣れるスピードが重要だと気付いた。そして等速巻き。この二点が一番大事だと思っている。その日の釣れるスピードを早目に知ることで、スタートダッシュが誰よりも早くできる。そして他の人の巻きスピードをしっかり見ておくことだ。

5.針にこだわる。3本針、または下針を長くすることでバラシを減らす。安物の針はダメだ。鯛の口は頑丈なので、太く鋭い焼きの針をセレクトする。

6.5回に一回くらいは全ての糸を巻き取り、ラバーや針がリーダーに引っかかっていないか等、正常な状態にあるかチェックするようにしている。もちろん、投入前にも横に泳がしてラバーの動きをチェックしている。バーチカルな釣りなのでリーダーとの接触は免れない。ラバーが正常に泳いでいないと可能性はゼロになるので絶対に必要な作業だ。

上記、ひとつひとつは数パーセントの小さな確率上昇だが、すべて合わせると数十パーセントの大きな釣果アップになると思っている。そしてオモリは、小さく軽い方が良いと思っている。底が取れない時は重いものを使うが、軽く小さくが基本だ。

前々回の釣果。この中の四枚の鯛が僕の釣った鯛だ。

最近の釣行では、鯛4枚の釣果が2回続いている。とても良い結果だ。ポイントの引き出しも増えてきており、時合が過ぎれば違うポイントに移動することができることはとても大きく、釣果アップに貢献している。

前回の釣果。アタリも増えサイズも良かった。次は大鯛が欲しい!

大事なことは、何が貢献できるか、自分でしっかり考えることだ。それが釣果につながる。

-釣り

執筆者:

関連記事

その昔、俺はロン毛だった。

31歳のときの写真。東条湖でバス釣りをしていたのに、ヘラブナをスレで釣ってしまった。見事にミノーがスレている。 パンテーンのCMに出てきそうなサラサラロングヘアーだった俺は、この後しばらくして金髪にな …

息子と釣り

以前、友人がくれた本「岳物語」を読んだ。この本を読むのは、3回目だろうか。今回はkindle版の「定本 岳物語」を購入してiPadで読むことにした。この本には子供の成長を見守る父親と息子の姿が描かれて …

長男、シマノS80ML-4で初アオリイカ

9月の三連休に長男を連れて深夜の釣行。狙うはアオリイカ。一週間前からアレコレ準備を開始。準備中に問題視したのは長男にしっかりしたシャクリが出来るか?ということ。僕のお古を使わせていたが、このお古(E- …

釣りと料理と

最近、毎週釣りに行っている。長男の高校進学が決まった事もあり妻も文句を言わなくなった。僕も釣りに行くことを認めてもらうために料理に精進している。 これまでは、ハマチや鯛であれば刺身。メバルやガシラであ …

情報と釣果(遊漁船を探そう編)

前回は、操船技術と釣果について書きましたが、今回は情報と釣果について。 釣りは、腕よりも情報がモノを言います。魚がいるところで釣りをしないと魚が釣れることは絶対ありません。だからとても重要で、僕の考え …

自己紹介

自己紹介
年中釣りとカメラ。冬はアルペンボード。 夏は、スタンドアップパドルボードやキャンプに行くアラフィフのおっさんです。中学校のPTA会長もしてます。

検索

BLOGカテゴリー

ニュースレターを購読する